Top > Personal Page Template

Top Page / Members

漢字表記の氏名(フリガナ)

henoheno.png

東京大学 先端科学技術研究センター
極小デバイス理工学部門 年吉研究室
大学院生

Do not broadcast your private information.

研究内容

MEMS技術を用いた●●に関する研究

figure.png

図の説明を200字くらいでここへ記入。図の説明を200字くらいでここへ記入。図の説明を200字くらいでここへ記入。図の説明を200字くらいでここへ記入。図の説明を200字くらいでここへ記入。100字というとこれくらい。

MEMS技術を用いた●●に関する研究

figure.png

図の説明を200字くらいでここへ記入。図の説明を200字くらいでここへ記入。図の説明を200字くらいでここへ記入。図の説明を200字くらいでここへ記入。図の説明を200字くらいでここへ記入。100字というとこれくらい。

Do not disclose unpublished work. Some items need patent protection beforehand, particularly when your work has been done in collaboration with industry.

職歴(もしあれば)

  • 20XX.XX - 現在 東京大学 先端科学技術研究センター RA(◯◯プロジェクト)

学歴など

  • 20XX.XX - 現在 東京大学 大学院工学系研究科 電気系工学専攻 ●●課程 在籍
  • 20XX.XX - 20XX.XX 東京大学 大学院工学系研究科 電気系工学専攻 ●●課程 修了
  • 20XX.XX●●大学 工学部●●学科 卒業

発表文献リスト

原著論文

  1. Author1, Author2, and Author3, "Paper Title," Journal Title, vol.999, no.999, pp. 999-999, 20xx.
  2. Author1, Author2, and Author3, "Paper Title," Journal Title, vol.999, no.999, pp. 999-999, 20xx.

査読付き国際会議論文

  1. Author1, Author2, and Author3, "Paper Title," in Proc. 12th Int. Conf. on ____, Location, Country, Day - Day, 20XX, pp. 999-999.
  2. Author1, Author2, and Author3, "Paper Title," in Proc. 12th Int. Conf. on ____, Location, Country, Day - Day, 20XX, pp. 999-999.

国内大会

  1. Author1, Author2, and Author3, "Paper Title," in Proc. 12th Int. Conf. on ____, Location, Country, Day - Day, 20XX, pp. 999-999 (in Japanese)

リロード   差分   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 28 Apr 2013 23:01:59 JST (1667d)