Top > News > 2017-11-15

国際会議Power MEMSで研究成果を報告しました。 2017.11-14~17

2017-11-15A.jpg
2017-11-15B.jpg

研究室のメンバーが、金沢で開催された国際会議Power MEMS 2017で研究成果を発表しました。内容は、①エレクトレット振動発電の開始加速度を極力低減するための発電素子構造上の工夫と、②振動発電素子をイベントドリブン型のスイッチとして利用した電気回路の構成方法、③エレクトレットと流体を結合した新たな振動発電素子の検証実験の3件です。

http://www.powermems2017.org/

  1. H. Honma, H. Mitsuya, G. Hashiguchi, H. Fujita, and H. Toshiyoshi, "IMPROVEMENT OF EFFECTIVENESS AND OUTPUT OF ELECTRET ENERGY HARVESTER BY SYMMETRIC COMB-DRIVE STRUCTURES," in Proc. Power MEMS 2017, November 14-17, 2017, Kanazawa, Japan. (accepted, 2019-09-01)
  2. S. Yamada and H. Toshiyoshi, "AN AUTONOMOUS POWER MANAGEMENT SYSTEM WITH EVENT-DRIVEN ENERGY HARVESTER SWITCH," in Proc. Power MEMS 2017, November 14-17, 2017, Kanazawa, Japan. (accepted, 2017-09-01)
  3. Yu-Fan Chen, Hiroaki Honma, and Hiroshi Toshiyoshi, "A 3-way pushable electret-based energy harvester fabricated with 3d-printing and PDMS molding," in Proc. Power MEMS 2017, November 14-17, 2017, Kanazawa, Japan. (accepted as late news poster, 2019-10-09)

リロード   差分   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 20 Nov 2017 18:41:37 JST (245d)