News/2015-11-20

2019-02-12 (火) 14:50:59 (36d)

振動発電に関する研究がCRESTに採択されました。
MEMS energy harvester is granted a CREST funding.
2015-11-20

提案者氏名

  • (研究代表者)年吉 洋 東京大学先端科学技術研究センター・教授
  • (共同研究者)橋口 原 静岡大学大学院総合科学研究科・教授
  • (共同研究者)小野新平 電力中央研究所 材料科学研究所・主任研究員

研究課題名

エレクトレットMEMS振動・トライボ発電

CRESTplan2016-01-18.png

研究課題概要

本研究では、次世代の無線センサノードに必要な10mW級の自立電源を実現するために、MEMS(Micro Electro Mechanical Systems、微小電気機械システム)技術とイオン材料技術を駆使して、環境振動から未利用エネルギーを回収し発電する振動発電素子(エナジーハーベスタ)の研究に取り組みます。特に、固体中のイオンを用いたエレクトレット(永久電荷)による静電誘導を、イオン液体電気二重層による大容量キャパシタで結合した新規発電デバイスを開発します。

Players

  • (Principal Investigator) Hiroshi Toshiyoshi, Professor, RCAST, The University of Tokyo
  • (Collaborative Researcher) Gen Hashiguchi, Professor, Shizuoka Univesity
  • (Collaborative Researcher) Shimpei Ono, Ph.D., Central Research Institute for Electric Power Industry (CRIEPI)

Project Title

Electret MEMS Vibrational Triboelectric Generation

CRESTplan2016-01-18.png

Abstract

We study on energy harvesters that produce electrical power from environmental vibrations through the MEMS (micro electro mechanical systems) mechanisms combined with ionic material technology, thereby targeting a 10 mW class power package needed for wireless sensor nodes of the next generation. A novel energy-harvesting device is developed by using the static induction current from electret (permanent charge) which is coupled with an electrical double-layer capacitor of ionic liquid.

参考情報
Reference (In Japanese Only)

プロジェクト・ポータル
Project Portal (Members Only)